空き家が招くリスクやトラブルを把握して早めに対策を取りましょう

空き家が問題になっている

空き家が放置されていても、問題はないと思っていませんか。現在では、空き家の放置が全国的に問題になっているのが現状です。空き家の数は年々増加しており、様々な対処が取り組まれています。

空き家を管理する大事さ

空き家を放置するリスクとは

空き家を放置してしまうと、街の景観が崩れて見えるでしょう。景観の崩れが原因で地域の治安が悪化したり、何かしらの犯罪に使用される場合も少なくありません。そのような問題を発生させないためにも空き家はしっかりと管理することが大事でしょう。何か問題が発生してからでは遅いので、早いうちの対策が肝心です。空き家の印象を与えないためにも、外装や内装を点検して、清潔に保つように意識しましょう。また、その建物の価値を見定める為には、土地家屋調査士による住宅診断を行なってもらいましょう。住宅診断は、固定資産税の価値を決める為にも必要になります。

空き家の劣化が早い理由とは

人が住んでいる家と空き家では劣化のスピードが全く違うと言われています。劣化が早くなる原因として、換気がされないことが挙げられます。人が住んでいる場合だと、ドアの開け閉めなどで空気の流れが起こります。空き家になってしまうと窓を閉め切ってしまうので、換気が出来ずに湿気が溜まりカビが繁殖してしまうでしょう。カビが繁殖すると、あちこちが腐って劣化が早くなってしまうということになります。

空き家を放置している危険!東京での空き家トラブル3選を紹介

no.1

自然災害による倒壊

どんな物件でも使用していない建物は老朽化してしまいます。特に、木造で建築された建物は基礎部分が弱ってしまい、倒壊のリスクが高まります。また、築年数の長い空き家だと耐久性が低い場合が多いので、小さな自然災害が発生したときに簡単に崩れてしまう恐れがあります。

no.2

不審者・動物の侵入

管理が十分にされていない空き家は不審者に侵入されてしまい、そのまま住居として利用されてしまうことも珍しくありません。ドアの鍵が施錠されていたとしても窓ガラスを割って侵入する場合があるため、落書きされてしまうケースもあります。また、ネズミや猫などの野生動物が侵入して家を荒らされたり、繁殖が進んでしまう可能性も高いです。

no.3

放火による火事・火災

空き家は放火の標的にされやすいので危険となっています。管理されていない建物や土地、人目の届かない場所となっているため放火のリスクが非常に高くなるでしょう。空き家ではゴミが散乱してたり草木が生えていることから、簡単に火がついて近隣まで燃え移る可能性が高くて、見過ごすことが出来ない問題です。

[PR]
測量の相談が可能!東京の土地家屋調査士のサポート内容
土地家屋調査士の相談とサービス内容を解説しています。

一戸建ての住宅診断・メンテナンスサービス情報!住宅診断はじめてみませんか?
【PR】

空き家トラブルを回避するには

東京でも数多くの空き家がありますが、トラブルを避けるためにはどのような対策を行なった方が良いでしょうか。所有している空き家が近所にあれば、定期的に管理や掃除が行えますが、遠方の場合は管理するのが困難になってしまいます。そんな場合は空き家管理サービスを活用してみたり、土地家屋調査士に相談してみたりする方法がありますよ。上手く管理するためには、色々なサービスを把握してみることが重要でしょう。

空き家で起こったトラブルの体験談を大公開!

未成年のたまり場になってしまった

近所にある空き家が中高生のたまり場になってしまい、夜中も騒音がうるさくて警察が出動してしまうことが何度かありました。管理していない空き家だと侵入が簡単に出来るのと人目につかないため、このような問題になってしまいました。

今にも崩れそうな空き家でとても心配

ずっと昔から放置されている空き家があるんですけど、ちょっとし暴風や台風のときに崩れてしまわないか心配でたまりません。木造でところどころヒビみたいのが目立っているので、問題が発生する前に撤去するかしっかりと管理するか決めないといけないと思います。

空き家が町の景観を壊している

非常にボロい空き家が住んでいる町にあります。その見た目から「幽霊屋敷」と呼ばれており、子供たちも恐れています。やはり、景観を守るためにも空き家を管理していったほうが良いでしょう。このまま放置していると、景観どころか治安まで悪くなってしまう感じがします。

管理する人がいない空き家

空き家を管理する人がいなくて、管理しようって話になったらみんなやりたがらずに問題になってしまったことがありますね。そのときは話がまとまって、空き家管理サービスを利用していますが、そのようなサービスがないと相当大変に感じますね。

建物の所有をすることになったら

業者

空き家管理は専門業者へ

所有している建物を自分で管理するのは難易度が高いもの。仕事をしていると尚更でしょう。その為、管理業全般を業者に依頼する人が増えています。利便性の高いサービスが、トラブル予防として効果的なんですよ。建物の価値を調べる為の住宅診断を行なってもらうことも可能で、その際には土地家屋調査士が現地へ訪れます。

READ MORE
パソコン

コストを比較して決断

所有する空き家の管理を依頼するときには、月々に掛かる費用を比べて業者を決めることが大切ですよ。長期的な利用を検討するなら目先だけではなく、先々の収入とのバランスを見ることも忘れてはいけません。また、固定資産税の支払いも考慮することです。

READ MORE
広告募集中